Innovation in Aquaculture

銅合金製養殖生け簀

Copper alloy mesh

EcoSea は、銅合金養殖技術および生け簀システムの生産、設置、および維持管理における当業界の世界的なリーダーです。 当社は、400 万人時以上を投入し、850 万匹以上もの養殖魚を育て、38,000 トンを超える収穫を行ってきました。 EcoSea は、生け簀に関する豊富な調査研究を 5 大陸で行っているだけでなく、銅合金製養殖生け簀および技術に関する 5 つの特許申請を 154 か国で行っています。

銅合金で網を構築することにより、水産物養殖生産の生産性および持続可能性の両方が向上します。 下記にご紹介するのは、銅合金製メッシュ ケージの主なメリットです:

  • 支持構造が著しく強化されることにより、内部空間が 80% 増加する
  • 内部表面領域が増えるため、流水量が増加し、循環が良くなる
  • 溶存酸素レベルが上がるため、寄生生物や、細菌性およびウィルス性両方の病原体の拡大を抑制する
  • 銅合金製生け簀にいる養殖魚は、従来型のナイロン製網と比較し、健全性がはるかに高くなり、抗生物質使用の必要性が著しく低下する
  • 銅合金製網は、本質的に汚れが付きにくく、付着物を抑制する。これにより、保守点検の必要性や、汚れを防止するための薬品等の使用量が低減する
  • 網は 100% 再使用可能
  • 銅合金製網の重量および耐久性により、静水時であっても、あるいは津波級の高波浪時であっても、形状および容量を維持できる
  • 従来型のナイロン製網と比較し、クリーニングの必要性が 70%~85% も低減されるため、養殖事業への運用時間が増加し、労働力およびクリーニングのための費用を低減できる
  • 現場の状況により、5~8 年毎に交換する必要がある
  • 銅合金製網は、捕食動物からの攻撃や養殖魚等の逃げだしに対応するコストを低減する

より健全な魚資源

水量を良好に保つことができるため、溶存酸素レベルが上がり、寄生生物や病原体の拡大を抑制します。

網の安定性

銅合金製養殖網の重量および耐久性により、静水時であっても、あるいは津波級の高波浪時であっても、形状および容量を維持できるようになります。