Innovation in Aquaculture

取締役会からのご挨拶

ようこそ EcoSea へ!

当ウェブサイトをご覧いただきながら、当社が持続可能な沖合養殖産業のリーダーである理由を知っていただけると幸いです。

私たちは、世界の人口増加に対応する食物供給を支援しています。

1990 年代以降、魚介類の養殖による供給量の割合が増加しており、2010 年の単年度だけでも約 7000万トンの供給をしています。 養殖生産は2016 年に世界の需要の半分以上を供給し始めました。 世界資源研究所によると、魚介類の世界的な総需要は、2050 までには 2億.2 千万トンになると予測されています。今からたったの 30 年後のことです。 それと同時に、天然の漁獲量は、およそ 8,000 万トンへと減少します。世界的なニーズを満たすには、2050 年までに養殖生産を 1億.4 千万トン増加することが不可欠です。

持続可能であり、環境的にやさしい方法で、地球を守り、養殖事業者が収益性の高い事業を営むことを可能とし、人々が必要とする食糧を提供することが最重要課題です。

私たちは、持続可能な、そして環境的に配慮した養殖の‘ソリューション’を専門としています。

当社の設立以来EcoSea は、従来型の合成網を用いた浮揚式の囲から耐汚染性に優れた銅合金網を用いた近代的な沈降式生け簀へと、魚の育成方法を変えていきたいと懸命に取り組んでまいりました。 私たちは、膨大な知識と最先端のテクノロジーを活用し、養殖事業を、持続可能で、環境にやさしいものにしていきます。 当社のテクノロジーは、養殖事業を、地域のコミュニティに貢献できる収益を生み出す事業へと転換します。

銅合金網は耐汚染性が高いため、事業者にとっては、保守点検作業時間が低減し、魚にとっては酸素が豊富に含まれた天然の水流で泳ぎ回ることができ、疾病率も低下します。 沖合へと移動することで、河口、フィヨルド、そして入り江を汚染から守り、視覚的な影響も減らしながら事業者の事業規模拡大を実現します。

EcoSea は、この世界の将来のニーズを満たすために皆さんと共にご協力できることを楽しみにしております。